【驚愕】ダイエット効果もある珈琲の健康的な飲み方と効果とは

スポンサーリンク




食事の時や休息時、目覚めの一杯に、皆さんは珈琲を飲んでいますか?

普段何気なく飲んでいる珈琲。1日に何杯も飲んでいる方もおられるでしょう。

珈琲はカフェインを大量に含んでおり体に悪いと言われた時期もありました。

しかし、珈琲には様々な健康効果があるのです。

そんな珈琲の効果的な飲み方と効果について紹介致します。

ダイエット効果もある珈琲

珈琲にはダイエットに効果があると言われています。

珈琲を飲み事で交感神経が強く働きます。

脳から交感神経によって脂肪への代謝へ働きかける事で

脂肪燃焼を高める作用があります。

さらに、珈琲のカフェインにはリパーゼという酵素が

含まれており脂肪燃焼を促進する効果があります。

普通に運動するより、珈琲を飲んでから運動した方が

脂肪を効率よく燃焼出来るのです。

「珈琲」の画像検索結果

更に、ポルフェノールの一種であるグロゲン酸も

脂肪燃焼を促進する効果があるのでダイエットに期待が出来ます。

ダイエット中の珈琲の効果的な飲み方

カフェインが脳に作用するまで20~30分かかるので

珈琲を飲んでから20~30分後に運動するとより効果が期待できます。

アンチエイジング効果

珈琲に含まれるクロロゲンさんはワインなどに含まれる

強力な抗酸化作用があります。

体内の活性酸素を除去しその増殖を抑える働きがあります。

活性酸素には増えすぎると細胞を

錆びつかせて老化の原因となります。

珈琲にはその活性酸素を抑制する働きがあるのです。

その結果、しわやシミなど老化の原因の対策となります。

珈琲は脳にも良い

また、脳の健康にも効果があります。

ある研究では、65歳以上の男女で認知症のテストの結果

珈琲を摂取した後の方がテストの成績が良かったという結果も出ています。

さらに、記憶力アップの効果も見込まれています。

記憶したい事を憶えた後に200mgのカフェインは必要との事。

この目安としては、1杯の珈琲で約120mgです。

なので、テスト前など記憶力アップしたい時は

勉強した後に、珈琲を2杯程度飲む事が良いです。

スポンサーリンク



珈琲で病気予防

珈琲を摂取する事で糖尿病など生活習慣病の予防に繋がります。

珈琲を飲む人と飲まない人では、飲む人の方か

糖尿病の発症リスクが低いという調査により分かっています。

これも珈琲に含まれるクロロゲン酸が血統低下を下げる

効果が期待でき糖女房の予防に役立つとされています。

血糖値が高すぎると肥満の原因になります。

また、動脈硬化などのリスクも高まります。

ちなみに、珈琲には善玉コレステロールを増やす作用があり

動脈硬化の予防にも効果が見込まれます。

肝臓周辺の病気にも効果的

珈琲には肝硬変のリスクを下げる効果もあります。

1日1杯以上の珈琲を飲む人は、飲まない人に比べ

肝硬変が発症するリスクを20%減少させる。

という事が研究により分かっています。

また、脂肪肝に関しても、珈琲はクロロゲン酸によって

脂肪細胞を作らない様にしてくれます。

こちらも、ブラックで飲むことを推奨しいます。

珈琲の健康的な飲み方

カロリーを抑える為、ミルク・砂糖は入れずブラックで飲む事。

何故ならカフェインは砂糖を入れてしまうと減少してしまう側面もあります。

珈琲を飲む際に、ミルクや砂糖を入れてしまうと

悪玉コレステロールを増やしてしまうので注意が必要です。

なので、珈琲を飲む際はブラックで飲まれるのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

毎日のブラック珈琲にはこの様な健康的な効果があるのです。

ちなみに私はブラックでは飲めませんW

おこちゃまなので、ミルク、砂糖なしでは飲めません。

最近は注意して微糖の珈琲を選んでいますが。

 

スポンサーリンク