【驚愕】アタカマのミイラ「アタ」の謎に迫る!

スポンサーリンク




「アタ」の身長はわずか15㎝で、円錐形の頭部とサイズの割にはしっかりとした骨格を持つ。

このミイラはその見た目から宇宙人のミイラだと主張する者もいる。

しかし、このミイラを見た学術誌の「ゲノム・リサーチ」の発表された研究結果は、宇宙人説が間違いである事を証明しただけでなく、この不思議な容姿の理由も科学的に明らかにした。

アタカマのミイラ「アタ」の謎に迫る!

そもそも論争は、2003年にチリのアタカマ砂漠で自然にミイラ化したアタの遺体が発見された事から始まった。

スペイン人のラモン・ナビア・オソリオ氏がこの「アタ」のミイラを購入し、その後2012年にはスティーブン・グリア医師が「アタ」のX線とCTスキャンにより骨格を調べた。

グリア医師は、UFO、地球外生命体、秘密の先進エネルギーや推進システムに関する情報の公開を促すために活動する組織「ディスクロジャープロジェクト」の設立者である。

アタの身長は、人の胎児程しかない。

「アタカマのアタ」の画像検索結果

しかし、アタの骨格は胎児にしては発達し過ぎている。

アタのミイラを分析したX線技師によると、アタの骨はなんと6歳児並みに成熟していると指摘した。

「アタカマのアタ」の画像検索結果

グリア医師はこの時に「アタ」の脊髄のサンプルを米スタンフォード大学の免疫学者であるギャリー・ノーランしに提供した。

ノーラン氏のチームは、アタのDNAの塩基配列を調べた。

その結果、遺伝子物質が宇宙人ではなく人間のものであると結論づけたが、アタの異様な姿を説明する事は出来なかった。

ノーラン氏は、「人であるなら何故この様な姿になったのかを解明しなければ」と言う。

スポンサーリンク



アタカマのミイラのゲノム解析

その後、スタンフォード大学の遺伝子学者やカルフォルニア大学サンフランシスコ校の計算生物学者アチュール氏のチームと協力して「アタ」のゲノム分析を行った。

研究によると「アタ」には7つの遺伝子異変が見られ、それらすべては成長に関わる遺伝子であったと言う。

これらの遺伝子の変異の組み合わせが骨の急成長をはじめ、アタの深刻な骨格異常を引き起こしたと考えた。

一方、科学により新事実が明らかになっても「アタ」を地球外生命体と信じる人々は未だに多く存在する。

グルア氏は、「正体は分からないが人ではない事は明らかです」という。

しかし、科学者たちは今回の分析を最後に「アタ」をめぐる議論は最後にすべきだと考えている。

今回の論文により、彼らの主張と可哀そうな「アタ」を安らかに眠りにつかせることができます。

アタを含め、すべての人の遺伝子は多くのエラーを生じうる。

しかし通常、子供の病気を引き起こす異変は1つだけ。

7つもの異変が関与したケースは聞いたことがないと、サウジアラビアのファイサル国王専門病院研究センターの遺伝子学者ファウザン・アルクラヤ氏は言う。

どの遺伝子が影響したのかは謎のまま「アタ」の遺伝子異変のどれが症状を引き起こしたのかを明らかにすることは不可能ではないにしても非常に難しいだろう。

「アタ」の親族の遺伝子情報が全くないからである。

まとめ

ノーラン氏はアタの両親について何も分からなかったとしても彼女が死亡した時に彼女を愛おしく思ってくれる人がいたと考えている。

彼女の遺体は革の袋に入れられそっと地面に寝かしてあったからである。

両親は自分たちの子供として大切に思っていたに違いありません。

人間の遺体を金儲けの為に売買したりエイリアンの遺体だと主張したりするべきではないと思います。

スポンサーリンク