有給義務化!違反したら罰則も”会社の不穏な動きに注意”

スポンサーリンク




2019年4月、有給休暇が義務化に。

これからは堂々と有給休暇を取りましょう。

2019年4月有給休暇が義務化に

働き方改革で「有給休暇の義務化」が成立しました。

その為、2019年4月に労働基準法が変わりました。

有休義務化!

どう変わるのか?

年間、最低でも5日間有休の取得が義務化される。

有休は勿論、お給料がもらえる休暇の事です。

また、有休の取得期間は労働者の意見を尊重するように会社が務める義務があると言われています。

なので基本的には、労働者の意見を尊重して有休が取れるという事。

スポンサーリンク



違反したら罰則も

さらに、会社がこのルールを破ってしまうと、6カ月以下の懲役または、30万以下の罰金

なのでこれからは、会社は義務をはたすために何らかの対応が必須という様になります。

管理体制とか運用方法など。

もちろん会社によると思いますが、今までは雰囲気で個人に任せてなんて会社も今まではありそうでしたが、これからはそうもいかなくなるという事です。

なので、有休が取りにくい会社や有休をとらせてくれない会社など色々ありますよね。

特にこういった会社は、要注意ですね。

会社の不穏な動きに注意

但し、会社の不穏な動きに注意も必要です。

そもそもこの基準に変更した理由は?

有休の取得者が少なすぎ(日本人は働きすぎ)だから。

なのでルールにして一斉に有休を取ろうというような事が背景にあります。

グラフにするとこんな感じです。

「日本の有給休暇取得率」の画像検索結果

日本人の有休消化率は2年連続最下位なのです。

ブラジル・スペインフランスが30日取っているのに対し、日本人は10日。

しかも、有休消化率は半分。

この半分と言うのは、全く有休が取れてない人が多くいてその方達が、有休消化率を下げているのかもしれませんね。

この様にとにかく日本人は働きすぎですよね。

有休は定められた権利

そもそも有休は、定められた権利です。

本来は気を使わずに取っていいんです。

ただし、取りずらい、そもそも取れない、暗黙の了解で・・・

周りに気を使って取りずらい、自分の仕事が終わらず取れない!

いろんなケースがあると思いますが、まぁ有休って積極的に楽しく取れるケースは少ないような気がします。

ただし、これからは5日は最低でも取れる!

そうしないと、会社は罰せられると言う事になります。

でも、ちょっとまてよ!

会社によっては5日の有休取得は困る、回らないよと言う経営者の方とか会社もあるかもしれません。

もしかすると、会社や経営者はこんな事を?

・年末年始の休暇を減らす

・夏季休暇を減らす

・祝日を出勤日にする

これらを有休取得にさせてしまう。

つまり、今までは休日だった日を有休にしてしまおう!なんて

会社側の今までの規則を変えて、5日の有休のノルマを消化させる。

こうなってくると酷いですよね。

せっかく有休の義務化になったのに、会社側の規定の変更により結局今までと変わらない!

なんて事もあるかもしれないですね。

とにかく、こんな不穏な会社側の動きには注意が必要ですね。

こういった労働基準法のルール変更補には何かしらあるかもしれないですよね。

しかしこれらは、会社側の都合による変更なので、つまり労働契約の不利益変更になります

これも、先ほどの様に刑事罰を受けるリスクがあるようです。

なので会社側の都合とか、何の理由もなく変えた場合には刑事罰を受ける可能性があるのです。

しかもこも刑事罰を受けた場合は、労働者1人につき1罪。

なので、社員数×罰金×会社汚名となります。

労働契約の変更は、必要性や合理性が明確なければならないのです。

ですから、監査が入ればこれは簡単に見つかってしまいます。

これらを踏まえ、今後の会社の対応はいかに?

皆さんも是非チェックして下さい。

毎日一生懸命に働かれていえる皆様、とにかくこれまでちゃんと有休をとれていなかった方、万が一そんな不穏な動きには注意しつつ、ゆっくり有休を取って休んでください。

日本人は働き過ぎです、支給されている有休を堂々と休めるようになると良いですね。

有休消化率100%になれば良いですね。

結論

有休は正しく取りましょう。

但し、会社の不穏な動きに注意して下さい。

 

 

 

スポンサーリンク