悠仁様の机にロンギヌスの槍?を意味した事件の謎に迫る!

スポンサーリンク




26日、お茶の水女子大学付属中学校に何者かが校内に侵入し、秋篠宮悠仁さまの机の上に長さ60cmほどの棒に粘着テープで巻きつけられた、ピンク色の刃物が2本置かれている事件が起こった。

これはロンギヌスの槍を意味しているのだろうか?。

ロンギヌスの槍とは?

キリストを刺したと言われる聖槍、ロンギヌスの槍。

「ロンギヌスの槍」の画像検索結果

日本では、エバンゲリオンでも有名なので、そのイメージの方が強いかと思います。

しかし、実際のロンギヌスの槍にはエバンゲリオンよりも興味深いエピソードがあるのです。

イエスキリストが処刑に処された時、その死を確認する為にイエスの脇腹に突き刺された槍が、ロンギヌスの槍と言われています。

ロンギヌスというのは、この時キリストの脇腹に槍を突き刺したローマ兵の名前が由来です。

ロンギヌスは、目の病気を患っていましたがキリストの脇腹に槍を突き立てた際に、槍を伝って滴るイエスキリストの血が目に入った事で視力を取り戻したと言われています。

そして、これをきっかけに洗礼を受け「聖ロンギヌス」と呼ばれる様になりました。

つまり、ロンギヌスの槍は元々はごく普通の槍であり、そこにイエスキリストの血液が触れた事により、特別な力を持つ様になったのです。

こうした物を、聖遺物と呼びます。

聖遺遺物にはその他にも、イエスの遺骸を包んだとされた聖骸布。

【解明不可能】トリノ聖骸布の神秘と奇跡の謎に迫る!

イエスの血液を受けた聖杯。

イエスの身体を十字架に釘刺しにした聖釘。

また、イエスが磔にされた十字架などがあります。

悠仁様の机にロンギヌスの槍?

今回の事件において、重要な事は刃物の部分がピンク色に塗料されていた事。

また、刃物は棒に括りつけてあった事などから、聖なるロンギヌスの槍ではなく、エバンゲリオンに登場するロンギヌスの槍が創造できます。

「ロンギヌスの槍」の画像検索結果

これかから推察するに犯人はアニメオタク!

また、防犯カメラを意識して変装。

水道工事の様な格好をしてヘルメットまでかぶっている。

つまり、この学校に通う保護者ではないのか?

また、黒い手袋を使用し指紋採取にまで注意を払っている。

つまり、過去に警察に指紋を採取された人物である可能性もある。

もし、エバンゲリオンで登場するロンギヌスの槍の意味ではなく、イエスキリストに留目を刺したロンギヌスの槍を意味していたら完全に犯行予告となる。

この学校では、机に名前が書かれているので席が分かったとされているが、通常全く知らないで進入しても悠仁様の机には到底辿り憑かないだろう。

そう考えると、学校関係者に犯人は絞られてくる。

スポンサーリンク



お茶の水女子大学付属中学校の警備に問題

こんなに容易く、刃物を持った男性が学校に侵入して、しかも悠仁様の机にまで行ったのは警備の体制にかなり問題がある事がうきぼりになった。

池田小事件の様に、もし犯人が犯行目的で忍び込んでいたなら、最悪の事態になったのは間違いないだろう。

令和後、秋篠宮家の悠仁様は皇位継承順位2位ですよ。

世界でも最古に続く王族を大切に守らなければなりません。

天皇陛下の凄まじい権威や、その素晴らしさをご存知でしょうか?

 

学校側は、もっと緊張感を持って対応して貰いたい。

簡単に侵入出来てしまうのは本当におかしい!

池田小の教訓を学んでもらいたい。

また、警備体制もしっかり行わなければならない。

一刻も早い犯人逮捕を望むと共に、犯人が逮捕されるまでは悠仁様の安全の万全を尽くして頂きたい。

朗報

たった今、神奈川県平塚市で50代の男を建造物侵入で逮捕のニュースが飛び込んできました。

まだ名前や動機は発表されていませんが・・・

本当に良かった。

 

 

スポンサーリンク