【ひぐらしのなく頃に】日本に存在する集落や村にまつわる怖い話

スポンサーリンク




ひぐらしのなく頃に代表される様な日本に存在する集落や村にまつわる怖い話は、実はこの現実世界にも存在するのか?

【ひぐらしのなく頃に】鬼隠し編

九州のとある場所に存在すると言われている指切り村は、昔は炭鉱業が盛んに行われていた。

その為、村は非常に栄えていた。

しかし、昭和50年代に国がその炭鉱を閉鎖した事をきっかけに急激に村は寂れていった。

その為、村人たちは炭鉱の代わりに農作物を育てる生活へと戻ったのですが、多くの住民たちは炭鉱で働いていた事もあり暫く草刈り機や鎌といった農作業用の工具や機械などを使っていなかった為、住民たちはそれらの使用をあやまり指を切断するといった事故が起きてしまいました。

ここまではあり得る話なのですが、これ以降も似たような事故が異常なほどに多発し、指はもちろん手足や目といった部位を事故によって失う人が続出した事で、周囲の村や町から「指切り村」と呼ばれる様になった。

「指切り村」の画像検索結果

そしてこの村は、「祟りによって呪われている」と恐れられるようになる。

ですが、指切り村で多発する事故に不信を抱いた保険会社が秘密裏に調査員を派遣したことで、この村の真実が明らかになった。

というのも当時は多くの村人が炭鉱で働き経済的にも村には多額の金が流れ、村人の生活は非常に潤っていた。

しかし、炭鉱が閉鎖された事で大きな収入源を失ってしまった。

当時、炭鉱に依存しきっていた村人たちは炭鉱が閉鎖された事で大打撃を受ける事になった。

国からも多額の退職金や一時金が支払われた事もあり、村人は誰一人として危機感を抱くことなく貯蓄もせず散財の限りを尽くしてしまいます。

当然、そんな生活がながく続くわけもなくついに資金が底を尽いてしまいした。

村人は一度味わった裕福な生活を忘れる事が出来ず、保険金を目当てに自らの指を切り落としていたらしく、しかもこの事が口外されない様に村人が一丸となって結託し、呪いや祟りを偽り事故の真相が明るみに出る事は無かった。

当然、保険会社は警察に連絡した為、事件に関与した村人たちは保険金詐欺の容疑で逮捕されてしまった。

しかも捜査の過程で多額の保険金をもらう為に、わが子や老いた両親までも手にかけた者がいる事も判明した。

この指切り村で行われた狂気的なこの事件は、その規模と内容ゆえに徹底的な報道規制がひかれる事になり、歴史の闇の中へ葬られてしまいます。

現在でもこの村は九州のどこかに存在すると言われており、今でも指や手足を失った人達が大勢いるそうです。

この話は、ひぐらしのなく頃にの「鬼隠し編」では主人公の圭一が雛見沢村に引っ越してくるという所から始まるのですが、この雛見沢村では古くからの風習というものが根強く残っていて、毎年行われる「綿流し」と呼ばれる村の夏祭りでは、毎年一人の村人が死亡している。

しかも、その死体が消えてしまうという奇妙な事件が起こっていました。

しかし、村の住民である圭一のクラスメイト達はこの事件の事をひた隠しにしている様な不振な点があり、これに疑いを感じた圭一はしだいに村の人達が事件に関与しているのではないか?と疑い始めます。

スポンサーリンク



【ひぐらしのなく頃に】

また、もう一つひぐらしのなく頃にのモデルとなった村が存在します。

これも雛見沢村にまつわる伝説です。

人工2000人にも満たない村に主人公、前原健一が引っ越してきた村の話です。

場所は岐阜県にある白川郷がモデルになっています。

圭一はその村の小さな学校に通い楽しい日常を過ごしていたが、毎年6月に行われる「綿流し」の祭りで毎年人が一人死に消える事件が起きます。

その祭りを皮切りに怪奇事件や失踪事件を描いたミステリーになっています。

この話のモデルとなった村は、指切り村以外にも語られています。

その一つが八つ墓村のモデルとなった津山殺人事件です。

「津山殺人事件」の画像検索結果

1938年、岡山県のある村で2時間の間に約30人が殺害されるといういたましい事件が起こりました。

しかもそれは一人の犯行によって行われた。

犯人は「都井睦雄」22歳。

「津山殺人事件」の画像検索結果

何故こんな悲惨な事件が起きてしまぅたのか?

都井睦雄は村八分にされていた復讐に猟銃と日本刀や斧で111人しかいない村の30人を殺害し最後に自害しました。

他にも、この話は幻の村「杉沢村」を舞台にしたものではないかとの噂もあります。

杉沢村に関する記事はこちらを参照して下さい。

村八分【南馬宿村】

秋田県に存在するとされている南馬宿村は、村人全員が一人を徹底的に排除するいわゆる村八分が風習として根強く残っています。
その対象となった人物は、村人から無視されるだけでなく、刃物で切り付けられたり、家を放火される事もあるそうです。

しかも、被害者が警察に通報しても取り合ってもらえず、その対象者は死ぬまで村人から日常的にいじめを受ける事になる。

過去に村八分になった人物が村人に殺害される事件も起こったのだとか。

これに関しても、事件そのものが隠ぺいされてしまったそうです。

そのうえ対象を村八分にする為に、共同絶好状という対象の似顔絵が書かれた文書が住民に配られ団結を図る様な事も行われていたとの事です。

この村は、地図に記載されていない幻の村である為、南馬宿村は現在も正確な場所が特定されていません。

実は南馬宿村はネット上で創作された物で、実際には存在する村ではないとも言われています。

しかし、現在でも村八分は存在しています。

2013年に村八分の対象になり日常的に村人から嫌がらせを受けていた山口県のとある集落に住む男性が、近隣住民5名を殺害するという事件が実際に起きています。

ちなみに、ひぐらしになく頃のメインキャラクターの一人である北条沙都子は、両親が村の方針に意を唱えた事で村八分にあってしまい、村人から存在しないものとして扱われてしまいます。

さらにその後、沙都子の両親は3年前に交通事故によって無くなっています。

更に、ひぐらしのなく頃にの「祟り殺し編」のエピソードでは、沙都子の叔父が雛見沢村に帰ってきたことをきっかけに叔父の沙都子に対する虐待行為が繰り返し行われる様になり、この状況をどうしょうもないと悟った圭一は叔父の殺害計画を企てる事になります。

ひぐらしでなく頃にの村で毎年一人悲惨な死を迎えるという怪奇現象は、村で古くから信仰されているオヤシロさまの祟りによるものだと言われています。

その事件の真相は、本当にオヤシロ様の祟りなのか?

そしてオヤシロ様とは一体何者なのか?

この謎が謎を呼ぶ一連の事件の真相とは、ひぐらしのなく頃にの「皆殺し編」では、これまでの村人たちの不可解な行動の数々やいくつもの残虐過ぎる悲劇の真相が明らかになり、すべての謎が一つに繋がっていきます。

Related Post

スポンサーリンク