【惑星】遠方からの使者「オウムアムア」の謎に迫る!

スポンサーリンク




恒星間を旅するこの不思議な物体は、2017年10月19日に、ハワイ大学の天文学者ロブウェリックによって発見されました。

「オウムアムア」の謎に迫る!

小惑星を探していたロブは、時速9万5千キロメートルの速度で高速移動するこの物体を最初は新たな小惑星だと思ったそうです。

しかし、その昨晩の画像データを解析したロブは、この発見がただの発見ではない事に気づいたのです。

多くの小惑星は太陽の周りの軌道を周っているのに対し、このオウムアムアは彗星の様な軌道で進んでいたのです。

オウムアムアは地球の側を通り移動していったのです。

この物体が太陽の周りを公転している事は無かった。

この結果見た究者たちはオウムアムアの軌道を逆算するとそれが太陽系の外からやってきた事になり、そしてそれが未知の宇宙へと向かっている最中だという事になると気づいた。

このオウムアムアと名付けられたこの天体は、ハワイ語で「遠方からの使者」を意味する。

「オウムアムア」の画像検索結果

やって来た場所も、更にこの天体にも不思議な事があります。

一般的に小惑星や彗星は多くの場合、丸い形をしているのに対しこのオウムアムアは円筒形に近く長さ400m幅122mという形をしていたのです。

またオウムアムアは太陽へ接近し、300℃の温度にも耐えしかもその間に速度を増したのです。

移動中の物体は外部からの力を借りない限りその運動を変化させない事をご存知でしょう。

宇宙では重力も空気抵抗も摩擦もない為、動いている物体はそのまま同じスピードで動き続けます。
これはなにかその他の物体に衝突しない限り止まらないのです。

そしてその法則は逆もあります。

動いている物体は、力を加えられない限り加速する事は無いのです。

加速したという事は、オウムアムアは只の小惑星ではないという事となります。

太陽系の外からやって来たこの天体は、もしかしたら別の星に住む知的生命の宇宙船なのかもしれません。

遠くの文明によって作られた無人の調査船、つまり私たち人類のボイジャー計画の様なものなのかもしれません。

そう考える人もいますが、天文学者たちはこの天体が宇宙船の物とは考えません。

天体はスラスターを吹く代わりにガスを蒸発させていた。

この物体はそれで加速したのではないだろうか?と考えられています。

例えば彗星は、太陽に接近した時に発生する水蒸気が太陽の間近でスイングする彗星を更に加速させます。

「オウムアムア」の画像検索結果

これと同じ挙動を示したオウムアムアを天文学者は小惑星ではなく彗星だと分類したのです。

しかし、オウムアムアを説明するにはこの説に当てはまらないのです。

何よりもオウムアムアには彗星特有の尾がありませんでした。

水蒸気などを発しているのであれば何故それが見えないのかが最大の謎でした。

またオウムアムアが太陽に超接近し灼熱にさらされながら高スピードで移動した際にはその形状も崩れる事無く耐えていました。

この事実もまた彗星仮説の否定材料となったのです。

典型的な彗星は岩の核を覆うチリや氷の層に包まれています。

一方、オウムアムアはその逆の構造だったのです。

スポンサーリンク



この天体は彗星でなければ一体何なのか?

仮にオウムアムアが彗星だとしたら尾が無いのはどうしてか?

最も信憑性のある説は、オウムアムアが嘗ては彗星だったとするもの。

外側を覆っていた氷の層が消耗しなくなり、岩の核がむき出しになっているのでは!

また、オウムアムアが加速したのは少量の氷が残ってなければ説明がつきません。

もし氷の層が薄くなっているのであれば、地球で最新の天体望遠鏡を駆使して見ても尾が認識できない様な放出に留まった可能性も否定できません。

それならばオウムアムア最大の謎は解決した事になります。

オウムアムアはどうやって生まれたのか?

その答えを探るにはオウムアムアがやって来た場所を見る必要があります。

調べによるとオウムアムアは、こと座の付近で生まれたと考えられています。

この星座は北半球、南半球双方で観測可能な鷲の形をした星座です。

それなら恒星間天体が初めて地球に到達した事になります。

実はこのような天体は珍しくもないのです。

NASAはこの様な天体が毎年一度は太陽系を通過すると予想しているのです。

そしてオウムアムアは地球から天文学者が観測できる程大きく近い距離を移動していた為最初に観測された天体となったのです。

この事実だけでも地球上全ての天文学者の注目を集めるのにふさわしいのです。

しかし、このオウムアムアには様々な謎があったのです。

確証はありませんが天文学者たちは、オウムアムアが大災害で破壊された惑星の破片と考えている様です。

つまり惑星同士の衝突や、赤色矮星の爆発などではじき出されたオウムアムアは30万年の旅の間に宇宙の放射線にさらされ続けた天体は銀家系系の恒星ほどの数の光に焼かれそして、外側の岩やチリの層が硬化する事になったのではないかと考えられています。

この硬くなったオウムアムアを太陽への接近からも守りその旅を続けているのかもしれません。

オウムアムア宇宙船説

オウムアムアは自然的要因で生まれたのは確実です。

しかし、そこに搭乗者が居ないとは言い切れないのです。

オウムアムアの内部構造は知られておらず、その中には知的生命体の居住空間があるかもしれないのです。

地球の海は何十億年も前に地球に落ちず続けた彗星に由来しています。

そして科学者の中には、最初の生命体はこの彗星によってもたらされたと考える人もいるのです。

ですので、オウムアムアの中に凍った生物がいても不思議ではありません。

オウムアムアの硬い殻によって宇宙の過酷な放射線から守られているのかもしれません。

これらの謎を今の科学で解くことは出来ませんが、今から何十憶年かした時にオウムアムアが新たな生命をどこかの星に起こすかもしれません。

Related Post

スポンサーリンク