天才たちの現実と神秘の謎に迫る!

スポンサーリンク




この地球の支配者となった人間。

我々人類400万年の歴史は、たった一握りの者達によって変えられてきた。

人は彼らを「天才」と呼ぶ。

それは天が与えた才能なのか?

天才を科学する動きは既に1830年代から行われている。

だが、その謎は深まるばかりであった。

何故彼らは特殊な才能を持っていたのか?

彼らは常人とは全く違った特別な人間なのか?

天才たちのたった千数百グラムの脳。

その脳がなければ現在の人類の歴史は変わっていただろう。

地球が太陽の周りを回っている。

そう人々に教えた「ガリレオガリレイ

「ガリレオガリレイ」の画像検索結果

科学と芸術の統合あらゆる可能性を示した「レオナルドダヴィンチ

「レオナルドダヴィンチ」の画像検索結果

始めて動力による重力からの束縛を断ち切った「ライト兄弟

「ライト兄弟」の画像検索結果

原子から宇宙までの仕組みをたった1つの公式で表した「アルバートアインシュタイン

「アルバートアインシュタイン」の画像検索結果

彼らは何故、それほどの能力を発揮できるのか?

その謎に迫った最新科学は驚くべき事実を発見した。

彼らの脳は私たちの物とは明らかに違っていたのです。

しかし、1つの能力に秀でた天才も学ぶ次期を間違えばただの人となっていただろう。

時代が天才を生むのか?それとも天才が時代を変えるのか?

21世紀を変える天才は私たちの側にいるかもしれない。

天才たちの現実と悩み

相対性理論のアルバート・アインシュタイン。

ルネッサンスを代表する万能の天才レオナルド・ダヴィンチ。

20世紀の巨匠ピカソ。

この3人の天才にはある共通点の思いがけない悩みがあったのです。

それを解く鍵がダヴィンチのノートに残されている。

全く意味不明の文字が連なるページが存在する。

普通の者がこれを読むには、鏡に映さなければならない。

ダヴィンチは、左右逆の鏡文字を書いていたのです。

鏡文字は読症の典型的な症状です。

必読症とは文章を読めないという症状の病気で、普通の人ならすらすらと読める文章でも失読症の患者はその意味を把握するのに大変な努力を必要とするのです。

しかし、天才と呼ばれる人たちの多くは実はこの必読症だったのです。

今の研究では失読症の原因は脳の細胞のネットワークの違いにあると言われています。

脳は通常、その表面の部分がいくつかの層に分かれています。

しかし、失読症患者の脳にはその層に隙間があるのです。

脳細胞のネットワークは、その隙間の部分にまで入り込んでいきます。

そのネットワークの違いが左脳の言語を司る部分に現れると必読症となります。

女優ウーピー・ゴールドバーグそしてトム・クルーズも自分が読症である事を明らかにしている。

論文の誤字、脱字の多かったアインシュタインも必読症だったと言われています。

そして頻繁に鏡文字を書いたダヴィンチ。

ピカソもアルファベットの順番があやふやだったと言われている。

だがピカソは、常人には思いもつかない構図で立体を平面に表した。

スポンサーリンク



失読症と呼ばれる彼らは何故、天才となったのか?

その謎を解く鍵は右脳にあると言われています。

脳は通常、2つに分けられる事が出来る。

右脳は図形や音楽など直感的な能力だった。

だがやがて文字が生まれ世界が機能的に動き始めると論理的な志向を司る左脳が優勢となった。

実際、現代人の左脳は通常右脳よりも大きい。

だが、失読症患者や天才の多くは右脳と左脳の大きさに差が無いのです。

カルフォルニア大学で天才の脳の研究を行っている者がいる。

彼は、天才は脳細胞の成長の仕方が違うという。

脳細胞のネットワークは誕生から5歳までの間に急激に成長し複雑化する。

しかし、それが5歳でピークを過ぎると逆に劇的に脳細胞の繋がりが減少し脳細胞のネットワークはハッキリと整理されて行きます。

この脳のネットワークの整理の事を「ニューラルネットワーク」と呼んでいます。

誕生したばかりの頃、バラバラだった脳細胞は互いに連結しながら複雑なネットワークを築いていく。

だが、5歳を過ぎるとニューラルネットワークが始まり今度はその連結がどんどん減っていく。

そしてスッキリと整理された思考するのに効率の良いネットワークが完成するのです。

ニューラルネットワークがうまくいかない場合、脳に連結が沢山ある人は脳の効率が悪く問題を解いたりするのが苦手な事が分かっています。

知能指数のテストでも高いスコアを出せず、50か60という事もあります。

ですがその反対にニューラルネットワークが通常より進むと、その脳は普通より更に効率が良くなります。

すなわち、この人達は難解な問題も易々と解くことが出来る。

天才とそうでない人、その違いはニューラルネットワークの進行の違いにある!そう言えるかもしれません。

Related Post

スポンサーリンク