UAP(未確認飛行現象)を米軍が正式に公表!

スポンサーリンク




(CNN)によりと 空中を高速飛行する未確認飛行物体(UFO)をとらえたとされる映像について米軍が未確の飛行物体である事を公表した。

UAP(未確認飛行現象)を米軍が正式に公表!

この正体不明の物体は、軍の機密指定が解除された3本の映像に映っている。

海軍報道官はCNNの取材に対し、この物体をUnidentified Flying Phenomena「未確認航空現象(UAP)」と形容した。

ここはUFO(未確認飛行物体)と言って欲しかったですね。

この映像は2017年12月~18年3月にかけて公開されたもので、高速移動する長方形の物体を、高性能赤外線センサーがとらえたものだ。

これらの映像の内2004年に撮影された映像では、センサーがとらえた物体は急加速して画面の左側に消えていた。

赤外線センサーは物体の速度に追いつけず、再発見することはできなかった。

この映像を見ると飛行体は異常な速さに見えるが、映像で捉えてる所を見ると疑問が沸く。

光の速さで移動しなけれな地球外から地球に来るのに何千年もかかるだろう!

それともスローで移動している所を偶然撮影したのか分かりませんが・・・

残る2本はいずれも2015年の映像で、戦闘機のパイロットが交わした「ドローンだ」「全部風に逆らってる」「見ろよ、あれ!」といった会話が記録されていた。

そのUAP映像がこれだ


海軍報道官によると、UAPに関する情報公開の目的は主に、パイロットの安全を脅かしかねない訓練空域への「侵入」について、訓練生による目撃情報の報告を促すことにある。

公開された映像がとらえているのは、海軍の訓練空域で頻繁に目撃される侵入事案のほんの一部にすぎないと報道官は強調。

「長年の間、海軍のパイロットはそうした侵入事案を報告してこなかった。

何故ならこれまでにも数々の目撃情報があるにも関わらず、それらを報告した途端にパイロットとしての生命を奪われるからである。

UAPの正体を探るためには、そうした物体を目撃した訓練生に報告を促すしかないと話している。

未確認飛行物体ではなく未確認航空現象とは

未確認飛行物体とは、地球上で軍事上も民間でも確認された事のない飛行物体。

つまり、地球上の物ではなく宇宙人の飛行船という解釈になる。

今回の発表では、UFOではなくUAP(未確認航空現象)と発表している所がかなり意味深である。

見たことのない飛行機の現象って、ソ連、中国などの軍事兵器の可能性も否定できないという事になる。

果たして真相はいかに・・・

宇宙人の存在を少しずつ開示する時期に差し掛かっているのを示唆しているのか?

UFOに関して数々の目撃情報や、極秘ファイルが未だに隠ぺいされている。

アメリカの宇宙軍の設立は、宇宙戦争が始まるのを暗示しているのか?

もう既に隠す事の出来ない状況に至っているのか?

考えると少し恐ろしいですね。

ロズウェル事件から始まったUFOの謎。

エリア51に隠された宇宙人の存在。

真実はいつになったら知りえるのだろうか!

Related Post

スポンサーリンク