【最大警戒】台風19号「ハギビス」が東日本直撃!

スポンサーリンク




10月19日時点の台風19号の情報

大型で非常に強い台風第19号は、 12日夕方から夜にかけ非常に強い勢力を保ったまま東海地方、または関東地方に上陸する予定です。

その後、東日本から東北地方を北東へ進む見込みとなっております。

【最大警戒】台風19号


12日から13日にかけて、東日本を中心に西日本から東北地方の広い範囲で猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなります。

記録的な暴風となるところも

台風本体の非常に発達した雨雲がかかるため、

広い範囲で記録的な大雨となる予定です。

場合によっては、大雨特別警報を発表する可能性があります。

伊豆・関東地方でも土砂災害が多発し河川の氾濫が相次いだ、昭和33年の狩野川(かのがわ)台風に匹敵する記録的な大雨となるおそれがあります。

全国的に、暴風・高波・大雨による土砂災害・低い土地や地下施設の浸水・河川の増水や氾濫・高潮・高潮による浸水に厳重に警戒してください。

また、落雷・竜巻などの激しい突風に十分注意して下さい。

交通障害や農作物の管理、停電、塩害などにも留意してください。

 各地の気象台の発表する警報・注意報など気象情報を把握し、

自分の命、大切な人の命を守るために、風雨が強まる前、夜間暗くなる前に市町村の避難勧告等に従って、早めの避難、安全確保が必要です。 

 今後の予想を含めた台風19号情報は地元の気象台が発表した気象情報をご利用ください。

米航空宇宙局(NASA)と海洋大気庁が連携して運用している気象観測衛星「スミオNPP」が日本に接近している台風19号を宇宙からとらえました。

渦状の雲の幅’台風)は南北で2000キロ以上に及んでおります。

米国内では「スーパータイフーン」とした。

AP通信によれば、「ハギビス」と呼ばれている19号は大西洋上で発生する台風の規模を示すカテゴリーでは最大級の「5」。

「台風19号」の画像検索結果

米国内の気象専門家らは「存在しない6に相当する」という意見もSNSなどで出始めているそうです。

最大風速70mともいわれている大型で猛烈な台風。

未曾有の被害の恐れあり。

各自治体の避難所を確認しておきましょう。

千葉県に再び停電の可能性あり。

未だに復旧の続く千葉県でも最大級の警戒を!

早めの避難をして下さい!

台風19号は瞬間最大風速70mの可能性もあります。

これは家も飛ばされてしまう程の強風です。

 

防災グッズなら防災士店長が厳選した43点セット【ディフェンドフューチャー】

過去の中心気圧が低い台風

(統計期間:1951年~2019年第12号まで)

上陸時(直前)の中心気圧が低い台風
順位 台風番号 上陸時気圧
(hPa)
上陸日時 上陸場所 *1
1 6118 *2 925 1961年9月16日09時過ぎ 高知県室戸岬の西
2 5915 *3 929 1959年9月26日18時頃 和歌山県潮岬の西
3 9313 930 1993年9月3日16時前 鹿児島県薩摩半島南部
4 5115 935 1951年10月14日19時頃 鹿児島県串木野市付近
5 9119 940 1991年9月27日16時過ぎ 長崎県佐世保市の南
7123 940 1971年8月29日23時半頃 鹿児島県大隅半島
6523 940 1965年9月10日08時頃 高知県安芸市付近
6420 940 1964年9月24日17時頃 鹿児島県佐多岬付近
5522 940 1955年9月29日22時頃 鹿児島県薩摩半島
5405 940 1954年8月18日02時頃 鹿児島県西部

*1:当時の市町村名等で示す
*2:第二室戸台風
*3:伊勢湾台風

参考記録:(※統計開始以前のため)
   室戸台風 911.6hPa 1934年9月21日(室戸岬における観測値)
   枕崎台風 916.1hPa 1945年9月17日(枕崎における観測値)

気象庁HPより引用

早めの避難を心がけましょう

・台風が接近してからでは避難は危険です。

・無用な外出は避ける

・家の周りの危険物を撤去しておく

・最低限の避難セットを用意しておく

・車のガソリンを入れておく

・お風呂に水を入れておく

事前に出来るだけの準備をし災害に備えましょう。

とにかく台風が近づく前に事前に身の回りの危険なものを撤去して下さい。

 

 

Related Post

スポンサーリンク