【台風銀座日本】なぜ台風は生まれ、なぜ毎年台風に襲われるのか?

スポンサーリンク




台風それはエネルギーの塊。

この風の魔王は何故生まれるのか?

地球は大気に覆われている。

それは地上から約10キロの厚さの広大なベール。

この天空に悪魔と天使が棲んでいる。

なぜ台風は生まれるのか?

空気は場所の違いなどによって重さが違う。

太陽に暖められた空気は軽くなり、逆に冷たい空気は重くなる。

重い空気は地上へ向かう!これを高気圧と呼び

軽い空気は上空へ昇りこれを低気圧と呼ぶ。

この低気圧が台風の種となる。

赤道近くの低気圧部分では水蒸気を含んだ空気が上昇し、

上空で冷やされ雲が発生する。

これが繰り返されやがて多くの雲が重なる様に集まり、

背の高い積乱雲が誕生する。

更にこの積乱雲が群れ集まり熱帯低気圧になる。

その風速は毎秒17.2mを超えるまでに成長したものを台風と呼ぶのだ。

台風は超最大級の低気圧。

「台風銀座 英語」の画像検索結果

それは地球が生んだ最も恐るべき脅威。

台風の風はその中心に近づく程強さを増す。

しかし、その真の中心は静けさに包まれた台風の目。

台風の内部は水蒸気を含んだ空気が反時計周りに上昇し雲の渦を作る。

北半球の台風は全て反時計周りなのだ、何故なのか?

それは実は地球の自転と関係がある。

円盤を地球と同じ向きに回し中心からボールを転がすと時計周りのカーブを描く。

逆に外側から中心にボールを転がすと反時計周りになる。

同じことが台風の中でも起きている。

低気圧は外側から中心へ向かって空気が流れている。

つまり北半球では反時計周りに空気が流れる事になる。

ちなみに高気圧では空気が中心から外側へ流れている。

空気は時計回りに回転しながら外へ流れていくのだ。

台風の内部の強大な風は地球の自転の影響で起きる。

空気の流れなのだ。

スポンサーリンク

台風銀座日本

なぜ毎年日本は台風に襲われるのか?

しかも、わざわざ途中で進路を変え日本を狙うが如く進んで来るのはなぜか?

台風の発生する赤道付近上空には貿易風が吹いている。

それは東から西へ向かう巨大な風の流れだ。

そして日本の上空には偏西風が吹いている。

これは西から東へ吹くジェット気流。

貿易風にのってやって来た台風は

偏西風にぶつかり進路を変へ日本を直撃する訳だ。

台風の国【日本】

昭和34年 伊勢湾台風

伊勢湾台風では襲来が満潮時と重なり海水が津波の如く陸へ押し寄せ、

歴史に残る膨大な被害を出した。

昭和36年 室戸台風

室戸台風では、その風の威力が凄まじく当時の風速計の針は上限の毎秒60mを刺したままずっと振り切れていたと言う。

昭和29年 洞爺丸台風

洞爺丸台風は巨大な勢力を保ったまま津軽海峡まで達し多くの人命を奪って行った。

そして

令和元年10月13日 台風名(ハビキス)

観測史上初の雨量を記録した。

わずか2日間で年間降水量の3~4割にあたる雨が降った。

神奈川県の箱根町では48時間で1001ミリに達した。

東京でも649ミリといずれも観測史上1位を記録した。

21の河川で27ヶ所以上の堤防の決壊。

氾濫した川の水は多くの家々を破壊し多くの人命を奪った。

台風それは日本を襲い続ける天空の巨大な爪。

しかし、それは赤道上空の豊かな水分を遠く離れた日本の大地まで運び潤す。

地球が生んだ奇跡の循環システムでもあるのだ。

 

 

 

Related Post

スポンサーリンク